スピリチュアル開運ブログ

名古屋占いカフェSPIRITUAL店より最新情報をブログでお届けします。
SPIRITUAL店公式ブログは こちら

侮ってはいけない!手相占いの持つ歴史と信憑性について

2017年11月27日

カテゴリー:

スピリチュアル開運ブログ

***************************
スピリチュアルマガジン
★スピカフェ★ Vol.225
***************************

占いの事はもちろん、恋活・片思い・不倫・復縁(復活愛)など、様々な恋愛問題に関するアドバイスや、スピリチュアル・霊感・霊視・未来予知・守護霊・前世交信などをテーマにした『スピリチュアルマガジン☆彡』
〜〜

侮ってはいけない!手相占いの持つ歴史と信憑性について

 

「手相占いは本当に当たるのか」「いつから手相は使われているのか」と手相に興味のある方もない方も、気になる事なのではないでしょうか。テレビの特集、手相を使った芸人も登場しましたよね。手相で会話が盛り上がったり、自分の将来について真剣に考えることができます。手相にもっと興味を持ってもらうために、今回は、手相がどのような歴史を持っているかをご紹介します!

 

■占いの中の手相
 占いの歴史は古く、紀元前3000年からあったとも言われています。人々が生活の不安や天候の予兆など、未来について神様に尋ねる儀式だったとの説も存在します。未来はどうなっているかなどを惑星に求めたり、カードに求めたりしたものが今の星座占いやタロットにつながっています。自分の将来について知るために生まれた手相もその一つです。

 

■5000年の歴史を持つ手相
 手相の歴史は古く、約5000年前のインドが発祥だと言われています。そこからシルクロードを通じて西に東に広まり、西洋手相学・東洋式手相占いへと発展したと言われています。日本には中国からの仏教とともに伝来したと言われていて、日本でも独自の手相が発達しました。

 

現在では、生理学・解剖学の観点から、指と脳は関係していて、手に現れる手相は自分の脳が作り出しているとも言われています。つまり、今の自分が手に現れているということです。単なる占いと甘く見てはいけませんね。

 

いかがでしょうか?
気になる方は、ぜひ一度手相占いを体験してみてください。

 

名古屋占いカフェ「スピリチュアル」|霊感 霊視専門占いサロン【名古屋 栄】

名古屋占いカフェ|名古屋で一番当たる占い店【愛知 名古屋 栄 伏見】

〜〜

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WEBサイトからのご予約ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問合せ
受付時間:11:00~20:00
052-253-7400

ページトップへ