スピリチュアル開運ブログ

名古屋占いカフェSPIRITUAL店より最新情報をブログでお届けします。
SPIRITUAL店公式ブログは こちら

占いが入ったクッキー!?フォーチュンクッキーってどんなもの? その3

2017年10月2日

カテゴリー:

スピリチュアル開運ブログ

***************************
スピリチュアルマガジン
★スピカフェ★ Vol.197
***************************

占いの事はもちろん、恋活・片思い・不倫・復縁(復活愛)など、様々な恋愛問題に関するアドバイスや、スピリチュアル・霊感・霊視・未来予知・守護霊・前世交信などをテーマにした『スピリチュアルマガジン☆彡』

 

占いが入ったクッキー!?フォーチュンクッキーってどんなもの? その3

 

前回は、フォーチュンクッキーの独特な形状の由来は日本にあるということをご紹介しました。
新年の祝いに配られていた辻占煎餅が由来だというお話でしたね。
では、その辻占煎餅から、どのようにしてフォーチュンクッキーがアメリカに定着したのでしょうか?

 

・アメリカ編
まず、辻占煎餅をアメリカに持ち出したのは萩原眞(はぎわらまこと)という人物です。
彼は、1894年にサンフランシスコで日本庭園(ジャパニーズ・ティー・ガーデン)を設計し、敷地内の茶屋も運営していました。
そのお茶請けとして、英語の占いを書いた紙片を入れた煎餅を提供していました。
それが1915年のパナマ万博博覧会に出品され、様々な人に知られるようになりました。

 

・世界編
そして、それを気に入った中国人が広め、第二次世界大戦後に多くの中華料理店がこの煎餅を提供した事で、フォーチュンクッキーは一般的なものになったのです。

 いまの中華料理店で出されるクッキーは、砂糖・ココナッツ・アーモンドの入った広東式のクッキーが多いとされています。

 
現在は多くの飲食店で、お口直しとしてフォーチュンクッキーが提供されるようになっているのです。

 

3回にわたってフォーチュンクッキーの知識をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
アメリカの中華料理店に行った際には、フォーチュンクッキーを楽しんでみてくださいね。

 

名古屋占いカフェ「スピリチュアル」|霊感 霊視専門占いサロン【名古屋 栄】

名古屋占いカフェ|名古屋で一番当たる占い店【愛知 名古屋 栄 伏見】

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WEBサイトからのご予約ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問合せ
受付時間:11:00~20:00
052-253-7400

ページトップへ