スピリチュアル開運ブログ

名古屋占いカフェSPIRITUAL店より最新情報をブログでお届けします。
SPIRITUAL店公式ブログは こちら

周易ってどんな占い?そこが知りたい!(八卦のそれぞれの意味~坤~)

2017年3月6日

カテゴリー:

スピリチュアル開運ブログ

***************************
スピリチュアルマガジン
★スピカフェ★ Vol.90
***************************

占いの事はもちろん、恋活・片思い・不倫・復縁(復活愛)など、様々な恋愛問題に関するアドバイスや、スピリチュアル・霊感・霊視・未来予知・守護霊・前世交信などをテーマにした『スピリチュアルマガジン☆彡』
〜〜

周易ってどんな占い?そこが知りたい!(八卦のそれぞれの意味~坤~)

 

①乾九 2進法(111)
②兌八 2進法(110)
③離七 2進法(101)
④震六 2進法(100)
⑤巽四 2進法(011)
⑥坎三 2進法(010)
⑦艮二 2進法(001)
⑧坤一 2進法(000)

前回は、この八卦のうちの⑦の艮の意味についてお話ししました。

艮の正象は山でしたね。
このことから、艮の象意は、山に関するものが多いですし、また山から連想できるもの(不動、高い、安定)も含んでいます。
もし、艮を引くことができれば、安定した職につくことができるかもしれませんね。

では、今回は、八卦の最後の説明となります。
周易に興味がある方はぜひ参考にしてください!

 

⑧坤(コン)

坤は三爻とも全部陰の卦ですね。
この卦象から、地が全てを包み込み、みな立派に育て上げるという印象を昔の人は考えたようです。
育成ということですから、象意は、弱いもの、低いもの、従属、受け身などが考えられます。
また、包み込むことから、包容や柔らかいものも象意として挙げられます。

また、属性は柔順、円満となっており、家族は母、方位は南西です。

いかがでしたでしょうか?
八卦のそれぞれの意味についてお分かりいただけたでしょうか?
ただ、周易で重要なのは、六十四卦です。
つまり、8×8パターンの占い結果がでます。
したがって、たとえ、乾が出たとしても、坎が含まれている可能性もあります。
その場合は、ことの推移や吉凶も変わってきますね。
六十四卦について解説することもできますが、正直申しましてかなり複雑です。
占い結果を正確に出したい方は、占い専門店へ訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

 

名古屋占いカフェ「スピリチュアル」|霊感 霊視専門占いサロン【名古屋 栄】

名古屋占いカフェ|名古屋で一番当たる占い店【愛知 名古屋 栄 伏見】

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WEBサイトからのご予約ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問合せ
受付時間:11:00~20:00
052-253-7400

ページトップへ