スピリチュアル開運ブログ

名古屋占いカフェSPIRITUAL店より最新情報をブログでお届けします。
SPIRITUAL店公式ブログは こちら

周易ってどんな占い?そこが知りたい!(易経の構成②)

2017年2月10日

カテゴリー:

スピリチュアル開運ブログ

***************************
スピリチュアルマガジン
★スピカフェ★ Vol.78
***************************

占いの事はもちろん、恋活・片思い・不倫・復縁(復活愛)など、様々な恋愛問題に関するアドバイスや、スピリチュアル・霊感・霊視・未来予知・守護霊・前世交信などをテーマにした『スピリチュアルマガジン☆彡』

周易ってどんな占い?そこが知りたい!(易経の構成②)

まずは、前回のまとめです。

経は、易経の本体部分のことで、六十四卦が内容になっています。
また、その六十四卦について、卦画像、卦時、爻辞が整理されているといったものでした。

 

「経については、大まかに理解したけど、伝についても知りたい!
「伝も、経みたいに専門用語がいっぱい出てくるのかな?」
なかには、このように思っている方もいるのではないでしょうか?

 

はい、今日は、伝について記事を書かせていただきます。
たしかに、説明するにあたって、専門用語を使います。
なので、わかりにくい語もなかにはあると思うので、そのような用語についてはまた改めてお話ししますね。

前回お話しした通り、伝は易経の注釈部分です。

また、伝は、十翼と呼ばれるように、
「彖伝上・下」
「象伝上・下」
「繋辞伝上・下」
「文言伝」
「説卦伝」
「序卦伝」
「雑卦伝」
計10部になっております。

 

「えっこれ全部がなの?」

 

そうなんです!

 
ただ、現在は「経」、「彖」、「象」を一体のものとして扱っています。

なぜなら、現在出版されている易経では、卦辞、彖、象、爻辞の順で並べられているからことが多いからです。

 

いかがでしたでしょうか?
易経の伝について大まかにお分かりいただけたでしょうか?
次回は、もう少し、伝について、特に、彖伝と象伝についてお話ししたいと思います。

 

名古屋占いカフェ「スピリチュアル」|霊感 霊視専門占いサロン【名古屋 栄】

名古屋占いカフェ|名古屋で一番当たる占い店【愛知 名古屋 栄 伏見】

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WEBサイトからのご予約ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問合せ
受付時間:11:00~20:00
052-253-7400

ページトップへ