SPIRITUAL店公式ブログ

名古屋占いカフェSPIRITUAL店より最新情報をブログでお届けします。
スピリチュアル開運ブログは こちら

8・22皆既日食のスピリチュアルメッセージ スピリチュアルライフマガジン スピリチュアル編3

2017年9月3日

カテゴリー:

水紀(ミズキ)先生

8・22皆既日食のスピリチュアルメッセージ 

スピリチュアルライフマガジン スピリチュアル編3

 

8月22日新月・皆既日食前後から地球のエネルギーは大きく変わりました

 アメリカ21日、日本時間22日にあたっていた皆既日食のこの日は、新月(しし座・日本時間3:31ごろ)と重なっています。こうした天体的な変化が重なる時には、地球規模、宇宙的規模でエネルギーが大きく動きます。この22日前後1週間ぐらいは、お客様からのメールが増えました。「変化・人生の整理・体調変化・スピリチュアルな夢」の内容が多かったのです。お客様の反応は、「小さな変化が、実は地球規模で起きていることの一端」を教えてくれています。こうした地球的・宇宙的エネルギー変化のポイントは、スピリチュアル的にはアセンション(次元上昇)のポイントでもあるのです。次元上昇は、眼に見える世界(3次元の世界)の変化ではありません。魂レベルの4次元以上の高次元の変化・変容です。物質的なエネルギーで生きている方は、こうした微細な変化に気づけないかもしれません。宇宙のエネルギーは細やかで、繊細な美しいメロディーのようなものです。受けとめる私たちに同じような波長がなければ、気づきにくくなってしまいます。

 

皆既日食の意味

 今回の皆既日食のような宇宙的な変化が何を意味しているのか、大いなる存在から教えていただくことができましたので、皆様にシェアします。 

 日食は、太陽が月によって覆われて、太陽が欠けて見えたり、見えなくなる現象です。太陽は「陽・光のエネルギー、月は「陰・影」のエネルギー。また太陽は男性性、月は女性性をシンボルすることは、古今東西変わらないイメージです。月という女性的な存在が、いったん地球を暗くする。それは闇・影のなかにいながら、自分の内側に「光」を発見する魂のトレーニングだということです。ときどき起きるこうした天体の変化は、「魂のトレーニング」を宇宙が時々地球規模で行って、私達に意識の眼ざめを促しているのです。

 太陽が見えなくなるとは、いつ太陽という光が地球上から姿を消すかもしれないから、1日1日を悔いなく、明日がないかもしれないと思って生きるようにしなさい。今日という日にすべてのエネルギーを注ぐように大切に生きなさい。
 太陽という目に見える光が消えた時、その時があなたの内側に「魂の光」を見いだすとき。自分の内側に「光」があることに気づきなさい。闇のなかで内側の光を見る力を養うことが、今、とても大切なんです。眼の時代から心の眼の時代へエネルギーは移行しています。

 

2017・8・21(日本時間22)のアメリカ皆既日食のメッセージ

 この皆既日食がアメリカという世界的なリーダーの国でおこったことは、とても興味深いです。アメリカの多くの人の意識を高め、気づきを送り、闇のなかで内なる光を見つめるように、深い叡智に満ちったメッセージが、アメリカの天空を覆っていたのです。
 争いのエネルギーを持った存在から離れる・決別するー自分の内側に静寂が保てるように生きる生き方が21世紀にふさわしい生き方。争いのエネルギーは、怒り・憎しみ・優劣・破壊とった負のエネルギーの釣り針を隠しています。うっかりとその釣り針にひっかからないこと、これがますず先決です。
 自分との戦いをやめるーこだわり・世間体・常識・感情と戦って苦しむ生き方をやめる。これまでの自分から離れてみると、あるいはこれまでの自分という古い殻を脱ぎ捨てると、爽快感に包まれます。「何にこだわっていたのか?」と体の力がふっと楽になったとき、「あなたの自由」が始まります。
 がんばることをやめるー足し算式で「がんばること」を雪だるまのように増やさない。身動きが悪くなり、重くなった体は繊細な、宇宙のリズムを聞き取ることが難しい。不必要ながんばりを捨て、シンプルに、簡素に本当に必要なことをひとにぎりあれば、大いなる存在と向きあいやすくなる。

 

私の変化

 22日あたりを過ぎて1週間ほどたったころ、地球が「聞いたこともないような静けさの音楽」で満たされていることを感じた朝がありました。そして地球がまたひとつ次元上昇(アセンション)をしたことが、肌で感じられたのです。「自由」の風が吹き抜け、誰でもこだわりと「ねばならない」という自分の心の牢獄から自由になったことを感じました。
 和解と出会い=小さな実り 小さなわだかまりのあった人が、心をオープンにして私の心へアクセスしてくれました。その人のなかで何かが吹っ切れたらしく、ウエブ上の作品(絵)が、明るい色調に変わっていました。ある方は、世界を旅行する著名な作家です。日本の美しい秋の季節についてメールを送り合う機会がありました。そのメールの声は、日本の秋の空気を感じさせてくれました。私は美しい音楽をこの方のメールから聞きました。大切な情報を私に提供してくださったのです。
 離別=手放したもの 22日前後に、3人の方が、私の時間では「過去」になりました。善悪ではありません。たとえば、これまでハ長調でお互い生きていて、波長があっていた。でもお互いの変化によって、生きる調が違ってきた。違う調を表現しつづければ、これは衝突を生みます。衝突しても理解できない関係があります。その感覚は私にはこうです。
 ある部屋を出ます。そして扉をしめます。その部屋はものすごい速さで、私から遠ざかります。いっしょに生きた時間がモザイクのようにゆがんでみえます。善悪ではありません。周波数が変わるとこのような違和感を生みます。差異を生みます。私には私にあう新しい周波数があり、その方々にあう周波数があります。そのように宇宙は「同調性=シンクロ」によって、響きあうもの同士が美しい「いのち」のリズムを生みだしています。前を見なくてはいけません。そこには新しい扉が用意されていて、開けるのは、自分自身なのです

 

9月~12月にフォーカス
2017年はまだ4ヶ月残されています。1年の3分の1がまだ未確定の輝きを放って、あなたを待っています。皆既日食あとの4ヶ月は、自分らしく生きることに「力」がいりません。何もしなくてもいいではなく、さわやかに、宇宙のエネルギーにあわせていってください。「がんばっているところ、こだわっているところ、自分を狭くしているところ」から遠ざかりましょう。そして少し計画をたて、大いなる存在へ尋ねてみましょう。4ヶ月の近未来の大整理をお手伝いします。

水紀

皆既日食2017821

皆既日食2017821

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WEBサイトからのご予約ご予約はこちら
お電話でのご予約・お問合せ
受付時間:11:00~20:00
052-253-7400

ページトップへ